『FACE TO FENCE』とは
 現在、大宮キャンパスには、敷地境界線をなぞるようにフェンスが設けられています。それによって、学生と近隣住民の生活の場は分断され、かつて見られた学生と近隣住民との交流はほとんど見られなくなってしまいました。 そんな状況を改善するために、学生、教職員、近隣住民の交流を促す仕掛けを考える必要がありました。
 「大学と地域を隔てるフェンスの一部をつくりかえ、人と人が向き合う“FACE TO FACEの場”へと生まれ変わらせよう」
 芝浦工業大学 衣袋研究室 大学院生5人(江崎岳史、矢倉芳美、飯島貴広、寺島雅樹、本山浩子)が、このアイディアを2005年「鞄結档Kス主宰第19回建築環境デザインコンペティション」に応募、「リアリティがある」と評価され、最優秀賞を受賞しました。(コンペ案詳細は右下の『FACE TO FENCE』原案をクリック)
 その後、詳細部分を練り直したもので実用新案登録(特許庁)を取得、翌月には大学事務局が主催する「学生プロジェクト」に採択され、援助を受けながら今日も活動を継続しています。これまでにアーチ型フェンスや椅子型フェンスを設置する活動を経て、 2008年度からは子供たちの絵をフェンスに飾る「お絵かきフェンスプロジェクト」を開始、明るいまち並みと交流を生み出してきました。

『FACE TO FENCE』原案

(各画像をクリックしてください。
詳細が表示されます。)
PDFデータはこちらへ